高機能フィラー High-performance-filler

当社では、ベーマイトをベースとした材料開発を行っています。その一例を紹介します。

■現在紹介されている開発品

○気泡を含有するアルミナパウダー "エアロアルミナ”
○低熱膨張フィラー "チタン酸アルミニウム-フィラー”
○充填性を改善した "窒化ホウ素-フィラー”
○ゼオライト原料用水酸化アルミニウム 「ZAL」
○フィラー用 "γ-アルミナ"

気泡を含有するアルミナフィラー 「エアロアルミナ」

■概要

当社の「エアロアルミナ」はフィラー用途に適した数μmサイズのα-アルミナです。一般的なα-アルミナとの違いは、その形状と気泡を含んだ結晶であることです。当社が得意とする形態制御ベーマイトをベースとしており、サイズは0.3μm~9μm。結晶形状として粒状から鱗片状、針状といったグレードをご用意することができます。
また、「エアロアルミナ」最大の特徴は気泡を有していることです。気泡を含んでいるため結晶が緻密ではなく、同じサイズ、同じ形状のα-アルミナに比べ、“柔らかい”、“軽い”という特性があります。
α-アルミナをフィラーとして利用したかったけれど硬くて使えなかった用途にお試しください。 (キーワード:α-アルミナ、フィラー、気泡、柔らかい、軽い、粒状、板状、鱗片状、針状)

透過型電子顕微鏡(TEM)イメージ

透過型電子顕微鏡

低熱膨張フィラー[チタン酸アルミニウム-フィラー](開発品)

■概要

チタン酸アルミニウムは低熱膨張材料として知られており、セラミックスの分野で利用されています。一般に粉末状のチタン酸アルミニウムが販売されておりますが、セラミックスとしての原料用であり、プラスチックやゴム用フィラー(充填剤)としては適しておりませんでした。
今回、フィラーとして適用可能なチタン酸アルミニウムを開発しました。
従来のチタン酸アルミニウムパウダーが粉砕品であるのに対し、当社のチタン酸アルミニウムは、析出品をベースとしており、粒度構成、不純物などの品質面でフィラーに適しております。
電子部品や電子基板などの低熱膨張フィラーとしてご利用ください。
(キーワード: チタン酸アルミニウム、フィラー、低熱膨張、高誘電率、低誘電損失)

走査電子顕微鏡(SEM)イメージ
熱機械分析装置

充填性を改善した[窒化ホウ素-フィラー](開発品)

■概要

窒化ホウ素は、熱伝導が高いため、熱伝導フィラーとして利用されています。しかし、その結晶構造に起因しマトリックスとなるプラスチックやゴムとの馴染み(親和性)が悪いという課題を有しております。
当社は、この窒化ホウ素の表面を改質し、親和性・充填性を向上させる技術を開発しました。 窒化ホウ素の親和性にお困りのことがございましたら、一度ご相談ください。

ゼオライト原料用ベーマイト系水酸化アルミニウム「ZAL」

■概要

ゼオライトは古くて新しい材料です。工業触媒や吸着剤をはじめ、最近では自動車や発電所から排出されるガスの処理や蒸発塔に代わる分離膜などの分野で注目されています。ゼオライトの一つの課題は価格です。高価な構造規定剤(SDA)のほか、アルミナ源にも高価なナノベーマイトなどが使用されております。
当社は、より安価なアルミナ源として製品名「ZAL」を開発しました。
ぜひ一度お試しください。

フィラー用[γ-アルミナ]

■概要

当社の「γ-アルミナ」はフィラー用途に適した数μmサイズのγ-アルミナです。当社が得意とする形態制御ベーマイトをベースとしており、サイズは0.3μm~9μm。結晶形状として粒状から鱗片状、針状といったグレードをご用意することができます。
同じ形状のベーマイトに比べ、比表面積が高く、増粘効果や吸着効果を必要とする用途に適しています。触媒用途にも利用は可能です。
(キーワード: γ-アルミナ、フィラー、比表面積、吸着、触媒)

走査電子顕微鏡(SEM)イメージ
電界放出形走査電子顕微鏡

お問い合わせ

  • 河合石灰工業株式会社 技術開発部
    • TEL0584-71-1128(直通)
    • FAX0584-71-5314
  • 本社/〒503-2213 岐阜県大垣市赤坂町2093番地
  • 受付時間/8:00〜17:00(土日祝日除く)